AI-303 TEAC [RB品 美品]

    商品説明

    【レンタルバック特価品】
    本商品はレンタル返却されたレンタルバック品です。利用日数が少なく新品同様に近い美品です。お安くレンタル・購入をご希望される方は本商品をご検討ください。

    ※レンタル利用に伴い、梱包箱には傷汚れや剥がれ等がある場合がございます
    ※写真をご希望の場合はお問い合わせよりご連絡ください
    ※RB品は在庫のみ販売でお取り寄せ販売はございません、ご承知おきください

    保証期間:6ヶ月間(保証範囲や保証内容はメーカー保証に準じます)

    ---

    小型アンプにBluetooth®とUSB 入力を搭載しHD音源(ハイレゾ)再生にも対応したデスクトップオーディオ・アンプ
    横幅わずか215mmでテレビやノートPCの高音質再生にも最適

    HDMIケーブル1本でテレビと接続
    テレビとAI-303の接続はHDMIケーブルのみ。あとはお好みのスピーカーと組み合わせることで、テレビの音を簡単にグレードアップすることができます。ARC/eARCとHDMI CECに対応しているので、テレビ側のリモコンでAI-303の音量やオン/オフをコントロールも可能です。サイズが小さいので、テレビ周りの置き場所にも困りません。
    テレビ側が対応していれば、最大192kHz/24bitのハイレゾクオリティの再生も可能です。
    ※テレビ側の出力設定でデジタル出力を「PCM」に設定してください。

    HDMI、USB-C、OPTICAL、COAXIALといった多彩なデジタル入力を装備
    HDMIでテレビ、USBでPC、OPTICAL/COAXIALでお手持ちのCDプレーヤーと、様々な機器との間でデジタル接続が可能で、高性能DACがそれぞれのソースのパフォーマンスを最大限に引き出します。

    11.2MHz DSDネイティブ再生や384kHz/32bitのハイレゾ(HD)音源に対応
    CDを超えるスタジオマスタークオリティのハイレゾ音源を余すところなく、本来の音質でお楽しみ頂けます。DACの動作モードには、2種類のデジタルフィルターと、x2Fs、x4Fs、x8Fsのアップコンバート機能を搭載しておりお好みの音質を追求して頂けます。

    LDAC®、Qualcomm® aptX™ HDなど高音質転送に対応したBluetooth®レシーバー機能
    スマホから簡単にワイヤレスで再生できるBluetooth®レシーバー機能は、LDACをはじめLHDC、Qualcomm® aptX™ HDなどハイレゾワイヤレスコーデックに対応。スマホやタブレットからもBluetooth®で高音質な再生が可能です。そのほか、Qualcomm® aptX™、AAC、SBCなど標準的なBluetooth®コーデックにも対応しています。
    また、どのコーデックで接続されているかをLEDの点灯で確認することも可能となりました。

    USB DACの入力としてUSB-C端子を採用したことでPCだけでなくスマートホンやタブレットとの接続も容易に
    PCと接続して高音質USB DACとしての使用のほか、スマートホンやタブレット、DAPなどUSB Audio Class 2.0に対応した幅広いデバイスと接続して、USB DACとして使用することができます。
    AI-303はセルフパワーのUSB C端子を備えており、C端子同士の接続であれば、ホストとデバイスを自動で判別してUSB Audio Class2.0のオーディオデバイスとして使用することができます。ほとんどのAndroid端末やUSB C端子を装備した最近のiPad AirやiPad Proではそのまま接続が可能です。
    ※iPhone接続時には別途USBカメラアダプタが必要です。
    ※Micro USB-B端子を装備したスマートホンの場合はUSB OTGケーブルが必要です。
    ※Android端末と接続する場合は、機種によって「OTG接続」をオンにする,開発者オプションより「USBデバグ」をオンにするなどの操作が必要な場合があります。それ以外の設定方法についてはスマートホンの機種依存となるため、サポート対象外とさせていただきます。

    2系統のRCAステレオライン入力端子を装備し外部ソースにも対応可能
    RCAピンジャックのアナログ入力を2系統搭載していますので、今まで使用していたオーディオ機器やレコードプレーヤーなども接続できます。
    ※レコードプレーヤーにフォノイコライザーが内蔵されている必要があります。

    高い解像度と豊かな音楽性を再現するHypex社製Ncore®アンプモジュールを採用
    パワーアンプモジュールには、高効率でハイパワーでありながら、クリアで高い解像度と豊かな音楽性を両立させたHypex社のNcore®アンプモジュールを採用。上位モデルに搭載されているアンプと同じテクノロジーを横幅わずか215㎜のコンパクトな機体に納めました。

    ヘッドホン出力には4極ジャックを採用し、グランドセパレート接続の高出力ヘッドホンアンプを搭載
    アンプ部から4極タイプのジャック部までLchとRchのグランドを分離した回路設計としました。左右chのグランドをアンプ部から分離することにより、チャンネルセパレーションを大幅に向上させ、クリアで見通しの良いサウンドステージを実現します。
    ※ L/Rグランドセパレート駆動を行う場合、4極プラグのイヤホン、ヘッドホンをお使いください。
    ※3極プラグのイヤホン、ヘッドホンもそのまま使用することができます。
    4極ジャックピンアサイン:Tip(L+), Ring(R+), Ring(L-), Sleeve(R-)

    コンデンサーによる音の色付けを排除するCoupling Capacitor Less Circuitによるヘッドホン出力
    ヘッドホンアンプには、Coupling Capacitor Less Circuit(CCLC)方式を採用しました。一般的なヘッドホン出力回路ではコンデンサーによる出力段のカップリング(直流成分の除去)を行うため、コンデンサーによる音の変化や位相遅れ、低域のレベル低下など、音への影響が避けられませんでしたが、CCLC方式ではコンデンサーに起因するこれらの音への悪影響を排除し、十分な低域とレスポンスの良い高次元のヘッドホンリスニング環境を提供します。

    ヘッドホンリスニング時に、より自然な再生が可能なクロスフィード機能
    ヘッドホンリスニング時にクロスフィード機能を使用することで、スピーカー再生時のような自然な定位感を得ることができます。また、スピーカーリスニング時には、センター定位を強調することで、中抜けの改善やボーカル、ナレーション、セリフを明瞭にする効果があります。クロスフィードの効果は、専用ノブで調整することができます。

    MQAフルデコーダーを搭載。外部CDプレーヤーで再生したMQA CDのデコードが可能
    USB、HDMI、 光デジタル、同軸デジタル端子のどの入力からでもMQA音源のフルデコードが可能です。MQAによる音楽配信やファイル再生だけでなく、お手持ちのCDプレーヤーにデジタル出力があれば、MQACDも、スタジオマスタークオリティのMQAサウンドでお楽しみ頂けます。

    専用SoCによる多彩なDACモード
    AI-303はデジタル処理のために専用のSoCを搭載していて、MQAデコードを含む様々なデジタル処理をこのSoC内で行います。スタジオマスタークオリティの音質のために、アナログ変換時に必須のデジタルフィルターもあえてDACチップ内のものは使わずにSoC内で処理しています。
    音色の要とも言えるデジタルフィルターは、ショートディレイ・スローロールオフ特性のFIRフィルターに加え、フルエンシー理論による類推補完技術をベースとして自然な音色と音場の再現性があるRDOTフィルターを用意。アップコンバートとの組み合わせで、それぞれのフィルターが持つ微妙な音のニュアンスの違いをお楽しみいただけます。
    また、アップコンバーターをオフの状態でRDOTフィルターを選択すると、NOS(Non Over Sampling)DACとして動作します。NOSモードではインパルス応答によるプリエコーやポストエコーの発生を抑え時間軸方向の揺らぎを排除することで、入力波形に忠実なアナログ変換を可能にしました。

    抵抗ラダー型アッテネーターによる高精度・高音質アナログボリュームを搭載
    フロントのボリュームノブには直接音楽信号を通さず、ノブの値を読み取り、基板上の抵抗ラダー型アッテネーターでその値を再現する方式により、最短経路で音楽信号をアンプに伝送し、信号のピュアリティを損ないません。また、音量を減衰させた時も低歪、高いS/Nを実現しており、小音量時においても音源本来の持つクリアな音を損なうことなく音楽をお楽しみ頂けます。また、左右のレベル差(ギャングエラー)やチャンネル間のクロストークも最低限に抑えられています。

    アシンクロナスモードに対応によりUSB伝送ジッターを排除
    USB DACとして使用する際は、入力信号のタイミングをコントロールするクロックをAI-303の内蔵クロックによって制御するアシンクロナスモード(非同期モード)で動作します。USB伝送ジッターの影響を受けないため、よりピュアな状態でデジタルオーディオ信号転送が可能です。

    4種類の転送モードによる音質の変化を楽しめるUSB伝送技術「Bulk Pet」対応
    USBケーブルでハイレゾ音源の膨大なデジタルデータを送る場合、従来の転送では送信側のパソコンと受信側のUSB DACの双方に処理負荷の大きなムラが発生し、音途切れなどの問題が発生する可能性がありましたが、「Bulk Pet」は、一定のデータ量をコンスタントに転送するため、双方の処理にかかる負荷を平均化し安定したデータ転送を実現します。パソコンの負荷状態が変わることで音質も変化するため、あらかじめ設定された4種類の転送モードからお好みの音質を選んで使用できます。

    3点支持、Stressless Footを採用
    床面のわずかな歪みにも影響されることなく安定した設置を可能にする、オリジナル3点支持フット「Stressless Foot」を採用。従来型とは異なり、フットをシャーシに固定せず半固定状態にして自由に振動させることで、より自然な音の響きを得る、というコンセプトに基づいて開発されました。削り出しのスチール製のフットは、しっかり固定されることなく底面にぶら下がる状態で装着されており、従来型のピンポイントスパイクフットのような定位感がありながら、より自然で豊かな響きを実現しています。

    Bluetooth®マルチポイント接続により2台のデバイスを切り替えて使用可能
    Bluetooth®接続時、同時に2台のデバイスを接続することができるので、例えば2台のスマホから曲を再生する場合でもBluetooth®の切断、再接続を意識することなく再生するスマホを切り替えながら再生することが可能です。
    ※同時再生はできません。

    サブウーハー出力を装備
    将来的なシステムの拡張性を考慮してサブウーハー出力を装備しています。

    制振性と高級感を両立するフルメタル筐体
    筐体のすべてを外来ノイズに強い金属パネルで構成することで、パソコンなどから発せされる電磁ノイズの侵入を抑制。オーディオ機器にとって厳しい環境下でもノイズの少ないクリーンな内部環境を実現しました。さらに、金属製シャーシを両サイドから包み込む8mm厚のアルミパネルにより、ねじれや歪みを防いで強固で安定した筐体を実現しました。

    AI-303 TEAC [RB品 美品]

      ¥50,891 税抜き

        試聴購入およびレンタルではデポジットのリリースに時間を要する場合がございます。ご利用の流れおよび利用規約を必ずご確認ご同意の上ご利用ください
        仕様

        周波数特性: 2~70kHz(LINE IN、–5dB、JEITA)
        全高調波歪率: 0.008%(LINE IN、20Hz〜20kHz、4Ω、6.25W、JEITA) / 0.004%(LINE IN、1kHz、4Ω、6.25W、JEITA)
        S/N比: 100dB(LINE IN、JEITA)
        定格出力:
        25W + 25W(LINE IN、1kHz、8Ω、 THD 0.03%、JEITA)
        50W + 50W(LINE IN、1kHz、4Ω、 THD 0.03%、JEITA)
        デジタル音声入力
        同軸デジタル: RCAピン端子 × 1
        光デジタル: 角形光デジタル端子 × 1
        USB: USB C端子 × 1(USB2.0準拠)
        HDMI : HDMI タイプA端子 × 1
        アナログ音声入力
        LINE: RCAピン端子 × 2系統 入力インピーダンス 10kΩ
        Bluetooth®部:
        バージョン 4.2
        クラス Class2(見通し通信距離:約10m)
        対応プロファイル A2DP、AVRCP
        対応コーデック LDAC、LHDC、Qualcomm® aptX™ HD audio、Qualcomm® aptX™ audio、AAC、SBC
        スピーカー出力部:
        端子 スクリュー式端子 × 1組 (バナナプラグ対応)
        スピーカー適合インピーダンス 4Ω 〜 8Ω
        ヘッドホン出力:
        コネクター 3.5mm 4極ステレオミニ × 1
        ピン配列 Tip:L+、 Ring:R+、 Ring:L–、 Sleeve:R–
        定格出力 220mW + 220mW(LINE IN、32Ω、1kHz、THD 1%、JEITA)
        全高調波歪率:
        0.006 %(LINE IN、32Ω、1kHz、50mW、JEITA)
        電源: AC 100V、50/60Hz
        消費電力: 63W
        外形寸法(W×H×D): 215 × 61 × 257 mm(突起部を含む)
        質量: 2.3kg
        付属品: 電源コード、リモコン(RC-1337)、リモコン用単4乾電池 × 2、保証書、取扱説明書

        送料・配送・返却について

        送料・返送料:全国送料無料
        配送:配送指定日に基づき発送(指定日のない場合は最短で発送)
        返却:同梱の返却用送付状にてご返送ください(ヤマト運輸)

        商品説明

        【レンタルバック特価品】
        本商品はレンタル返却されたレンタルバック品です。利用日数が少なく新品同様に近い美品です。お安くレンタル・購入をご希望される方は本商品をご検討ください。

        ※レンタル利用に伴い、梱包箱には傷汚れや剥がれ等がある場合がございます
        ※写真をご希望の場合はお問い合わせよりご連絡ください
        ※RB品は在庫のみ販売でお取り寄せ販売はございません、ご承知おきください

        保証期間:6ヶ月間(保証範囲や保証内容はメーカー保証に準じます)

        ---

        小型アンプにBluetooth®とUSB 入力を搭載しHD音源(ハイレゾ)再生にも対応したデスクトップオーディオ・アンプ
        横幅わずか215mmでテレビやノートPCの高音質再生にも最適

        HDMIケーブル1本でテレビと接続
        テレビとAI-303の接続はHDMIケーブルのみ。あとはお好みのスピーカーと組み合わせることで、テレビの音を簡単にグレードアップすることができます。ARC/eARCとHDMI CECに対応しているので、テレビ側のリモコンでAI-303の音量やオン/オフをコントロールも可能です。サイズが小さいので、テレビ周りの置き場所にも困りません。
        テレビ側が対応していれば、最大192kHz/24bitのハイレゾクオリティの再生も可能です。
        ※テレビ側の出力設定でデジタル出力を「PCM」に設定してください。

        HDMI、USB-C、OPTICAL、COAXIALといった多彩なデジタル入力を装備
        HDMIでテレビ、USBでPC、OPTICAL/COAXIALでお手持ちのCDプレーヤーと、様々な機器との間でデジタル接続が可能で、高性能DACがそれぞれのソースのパフォーマンスを最大限に引き出します。

        11.2MHz DSDネイティブ再生や384kHz/32bitのハイレゾ(HD)音源に対応
        CDを超えるスタジオマスタークオリティのハイレゾ音源を余すところなく、本来の音質でお楽しみ頂けます。DACの動作モードには、2種類のデジタルフィルターと、x2Fs、x4Fs、x8Fsのアップコンバート機能を搭載しておりお好みの音質を追求して頂けます。

        LDAC®、Qualcomm® aptX™ HDなど高音質転送に対応したBluetooth®レシーバー機能
        スマホから簡単にワイヤレスで再生できるBluetooth®レシーバー機能は、LDACをはじめLHDC、Qualcomm® aptX™ HDなどハイレゾワイヤレスコーデックに対応。スマホやタブレットからもBluetooth®で高音質な再生が可能です。そのほか、Qualcomm® aptX™、AAC、SBCなど標準的なBluetooth®コーデックにも対応しています。
        また、どのコーデックで接続されているかをLEDの点灯で確認することも可能となりました。

        USB DACの入力としてUSB-C端子を採用したことでPCだけでなくスマートホンやタブレットとの接続も容易に
        PCと接続して高音質USB DACとしての使用のほか、スマートホンやタブレット、DAPなどUSB Audio Class 2.0に対応した幅広いデバイスと接続して、USB DACとして使用することができます。
        AI-303はセルフパワーのUSB C端子を備えており、C端子同士の接続であれば、ホストとデバイスを自動で判別してUSB Audio Class2.0のオーディオデバイスとして使用することができます。ほとんどのAndroid端末やUSB C端子を装備した最近のiPad AirやiPad Proではそのまま接続が可能です。
        ※iPhone接続時には別途USBカメラアダプタが必要です。
        ※Micro USB-B端子を装備したスマートホンの場合はUSB OTGケーブルが必要です。
        ※Android端末と接続する場合は、機種によって「OTG接続」をオンにする,開発者オプションより「USBデバグ」をオンにするなどの操作が必要な場合があります。それ以外の設定方法についてはスマートホンの機種依存となるため、サポート対象外とさせていただきます。

        2系統のRCAステレオライン入力端子を装備し外部ソースにも対応可能
        RCAピンジャックのアナログ入力を2系統搭載していますので、今まで使用していたオーディオ機器やレコードプレーヤーなども接続できます。
        ※レコードプレーヤーにフォノイコライザーが内蔵されている必要があります。

        高い解像度と豊かな音楽性を再現するHypex社製Ncore®アンプモジュールを採用
        パワーアンプモジュールには、高効率でハイパワーでありながら、クリアで高い解像度と豊かな音楽性を両立させたHypex社のNcore®アンプモジュールを採用。上位モデルに搭載されているアンプと同じテクノロジーを横幅わずか215㎜のコンパクトな機体に納めました。

        ヘッドホン出力には4極ジャックを採用し、グランドセパレート接続の高出力ヘッドホンアンプを搭載
        アンプ部から4極タイプのジャック部までLchとRchのグランドを分離した回路設計としました。左右chのグランドをアンプ部から分離することにより、チャンネルセパレーションを大幅に向上させ、クリアで見通しの良いサウンドステージを実現します。
        ※ L/Rグランドセパレート駆動を行う場合、4極プラグのイヤホン、ヘッドホンをお使いください。
        ※3極プラグのイヤホン、ヘッドホンもそのまま使用することができます。
        4極ジャックピンアサイン:Tip(L+), Ring(R+), Ring(L-), Sleeve(R-)

        コンデンサーによる音の色付けを排除するCoupling Capacitor Less Circuitによるヘッドホン出力
        ヘッドホンアンプには、Coupling Capacitor Less Circuit(CCLC)方式を採用しました。一般的なヘッドホン出力回路ではコンデンサーによる出力段のカップリング(直流成分の除去)を行うため、コンデンサーによる音の変化や位相遅れ、低域のレベル低下など、音への影響が避けられませんでしたが、CCLC方式ではコンデンサーに起因するこれらの音への悪影響を排除し、十分な低域とレスポンスの良い高次元のヘッドホンリスニング環境を提供します。

        ヘッドホンリスニング時に、より自然な再生が可能なクロスフィード機能
        ヘッドホンリスニング時にクロスフィード機能を使用することで、スピーカー再生時のような自然な定位感を得ることができます。また、スピーカーリスニング時には、センター定位を強調することで、中抜けの改善やボーカル、ナレーション、セリフを明瞭にする効果があります。クロスフィードの効果は、専用ノブで調整することができます。

        MQAフルデコーダーを搭載。外部CDプレーヤーで再生したMQA CDのデコードが可能
        USB、HDMI、 光デジタル、同軸デジタル端子のどの入力からでもMQA音源のフルデコードが可能です。MQAによる音楽配信やファイル再生だけでなく、お手持ちのCDプレーヤーにデジタル出力があれば、MQACDも、スタジオマスタークオリティのMQAサウンドでお楽しみ頂けます。

        専用SoCによる多彩なDACモード
        AI-303はデジタル処理のために専用のSoCを搭載していて、MQAデコードを含む様々なデジタル処理をこのSoC内で行います。スタジオマスタークオリティの音質のために、アナログ変換時に必須のデジタルフィルターもあえてDACチップ内のものは使わずにSoC内で処理しています。
        音色の要とも言えるデジタルフィルターは、ショートディレイ・スローロールオフ特性のFIRフィルターに加え、フルエンシー理論による類推補完技術をベースとして自然な音色と音場の再現性があるRDOTフィルターを用意。アップコンバートとの組み合わせで、それぞれのフィルターが持つ微妙な音のニュアンスの違いをお楽しみいただけます。
        また、アップコンバーターをオフの状態でRDOTフィルターを選択すると、NOS(Non Over Sampling)DACとして動作します。NOSモードではインパルス応答によるプリエコーやポストエコーの発生を抑え時間軸方向の揺らぎを排除することで、入力波形に忠実なアナログ変換を可能にしました。

        抵抗ラダー型アッテネーターによる高精度・高音質アナログボリュームを搭載
        フロントのボリュームノブには直接音楽信号を通さず、ノブの値を読み取り、基板上の抵抗ラダー型アッテネーターでその値を再現する方式により、最短経路で音楽信号をアンプに伝送し、信号のピュアリティを損ないません。また、音量を減衰させた時も低歪、高いS/Nを実現しており、小音量時においても音源本来の持つクリアな音を損なうことなく音楽をお楽しみ頂けます。また、左右のレベル差(ギャングエラー)やチャンネル間のクロストークも最低限に抑えられています。

        アシンクロナスモードに対応によりUSB伝送ジッターを排除
        USB DACとして使用する際は、入力信号のタイミングをコントロールするクロックをAI-303の内蔵クロックによって制御するアシンクロナスモード(非同期モード)で動作します。USB伝送ジッターの影響を受けないため、よりピュアな状態でデジタルオーディオ信号転送が可能です。

        4種類の転送モードによる音質の変化を楽しめるUSB伝送技術「Bulk Pet」対応
        USBケーブルでハイレゾ音源の膨大なデジタルデータを送る場合、従来の転送では送信側のパソコンと受信側のUSB DACの双方に処理負荷の大きなムラが発生し、音途切れなどの問題が発生する可能性がありましたが、「Bulk Pet」は、一定のデータ量をコンスタントに転送するため、双方の処理にかかる負荷を平均化し安定したデータ転送を実現します。パソコンの負荷状態が変わることで音質も変化するため、あらかじめ設定された4種類の転送モードからお好みの音質を選んで使用できます。

        3点支持、Stressless Footを採用
        床面のわずかな歪みにも影響されることなく安定した設置を可能にする、オリジナル3点支持フット「Stressless Foot」を採用。従来型とは異なり、フットをシャーシに固定せず半固定状態にして自由に振動させることで、より自然な音の響きを得る、というコンセプトに基づいて開発されました。削り出しのスチール製のフットは、しっかり固定されることなく底面にぶら下がる状態で装着されており、従来型のピンポイントスパイクフットのような定位感がありながら、より自然で豊かな響きを実現しています。

        Bluetooth®マルチポイント接続により2台のデバイスを切り替えて使用可能
        Bluetooth®接続時、同時に2台のデバイスを接続することができるので、例えば2台のスマホから曲を再生する場合でもBluetooth®の切断、再接続を意識することなく再生するスマホを切り替えながら再生することが可能です。
        ※同時再生はできません。

        サブウーハー出力を装備
        将来的なシステムの拡張性を考慮してサブウーハー出力を装備しています。

        制振性と高級感を両立するフルメタル筐体
        筐体のすべてを外来ノイズに強い金属パネルで構成することで、パソコンなどから発せされる電磁ノイズの侵入を抑制。オーディオ機器にとって厳しい環境下でもノイズの少ないクリーンな内部環境を実現しました。さらに、金属製シャーシを両サイドから包み込む8mm厚のアルミパネルにより、ねじれや歪みを防いで強固で安定した筐体を実現しました。

        最近チェックした商品

        © 2024 Onsite Audio, Inc, all rights reserved

            ログイン

            パスワードを忘れましたか?

            まだアカウントを持っていませんか?
            アカウントを作成する