198商品


  • 4305P JBL

    4305P JBL

    「4305P」は、高解像度のストリーミングオーディオとプロシューマー接続を備えた完全自己完結型のパワードスピーカーシステムです。JBLが75年を超える歳月をかけて研究開発を続ける独自のスピーカー音響技術に多岐にわたる製品カテゴリー開発の中で培った先進エレクトロニクス技術、ワイヤレス技術を集約。オールデジタル・シグナルパスによるアナログ、デジタルおよび有線、無線の多様なオーディオ信号に対応します。各帯域のユニットを個別に制御し、パワーを供給するバイアンプ・ドライブシステムを採用し、高い精度と広大なダイナミクスでサウン ドを提供。音楽愛好家やコンテンツ作成者に新たな可能性の世界を開きます。 ◾ChromecastおよびAirplay2を介した高解像度ワイヤレスストリーミングと便利なBluetooth接続対応統合されたストリーミングエンジンは、Google Chromecast built-in、Apple AirPlay 2、Bluetoothオーディオを介して有線および無線のネットワークオーディオ機能を提供します。 ◾USB-Bおよび光デジタル入力、XLR / 6.3mmフォンジャックおよび3.5mm AUX入力など豊富なデジタル&アナログ入力を装備プレミアム・ワイヤレス・オーディオに加えて、バランスまたはアンバランス信号で使用できるプロ仕様のXLR / ¼インチTRSフォノ入力を含むアナログおよびデジタル物理ソースの幅広い接続を提供します。 ◾192kHz/24bitの高解像度DAC内蔵24bit/192kHzの高解像度DACにより、お気に入りの音楽が最高の忠実度で伝わってくるようになります。 高感度なJBLコンプレッションドライバー「2410H-2」と明瞭な音像音場再生能力を誇るHDI™(HIGH DEFINITION IMAGING)ホーン搭載 5.25インチ(133MM)径リブ付きブラックパルプコーンを備えたロングトラベル設計のウーファー(JW130P-4) デジタルクロスオーバーによる各ドライバー個々に最適化されたパワー供給とDSP制御を備えた総合出力300Wのアンプ Bluetoothワイヤレスリモコン付属 象徴的なブルーバッフルとサテンウォールナットの天然木突板仕上げを施したキャビネット

    ¥181,817

  • JBL 4309 全体

    4309 JBL

    70年代初頭に登場して以来50年間にわたり、高い人気と実績を誇ってきたJBLの4300シリーズ・スタジオモニター。 最新技術の搭載によりワイドレンジ・2ウェイとして開発された4367と4349に続き、6.5インチ(165mm)ウーファー採用のコンパクトなブックシェルフ型モデルが新登場。 D2テクノロジーを応用したリングラディエーター型コンプレッションドライバーとHDI™ホーンを搭載したコンパクトモニター、Model 4309誕生。 ◾D2410H-2:1インチ(25mm)径Teonex®リングラディエーター型コンプレッションドライバースタジオモニターModel 4367やModel 4349 に搭載されている「D2」ドライバー技術から派生した、強力なネオジムマグネットとTeonex®製リングダイアフラムを用いた新開発コンプレッションドライバー ◾新世代の定指向性ウェーブガイド:HDI™ホーン上位モデル4367と4349に搭載された先進のHDI™(High Definition Imaging)Xウェーブガイド・ホーン技術を採用 ◾JW165P-4:6.5インチ径 ピュアパルプ・コーンウーファー伝統のピュアパルプコーンと強力な超低歪磁気回路採用の6.5インチ(165mm)ウーファー ◾プレシジョンネットワーク高感度ドライバーと高精細なHDI™ホーンを活かすために低歪ネットワークを搭載 高域用コンデンサーにはすべてLow-ESR(静電抵抗)のメタライズドフィルムキャパシター、インダクターには太ゲージ銅線を用いた空芯コイルをそれぞれ採用 ◾スイッチ式UHFトリムコントロール8kHz~20kHz間の高域微調整が可能な±0.5dBステップのスイッチ式UHFトリムコントロールを装備、ニアフィールドモニタリングからリビングなどの大空間での使用、棚への設置時など、使用環境に応じたレベル微調整が可能 ◾金メッキデュアルバインディングポスト低域用と高域用フィルター回路を独立構成としデュアルターミナルを装備したバイワイヤー/パッシブバイアンプ対応設計により、相互干渉を低減 ◾JBLスタジオモニター伝統の仕上げが施された高剛性キャビネット内部にV字型ブレーシングによる補強を施すことで強力ウーファーによるバックプレッシャーを寄せ付けない高い剛性を確保、底板にはボトムベース・ボードを追加し補強と共に床面への振動伝達を低減 ◾フロントバスレフ方式デュアルポートキャビネット内外の開口部に大きなフレアを設け大振幅時における大量の空気の空気の流入出をスムースにし、ポートチューニングに伴うQの急激な上昇を抑え自然なバスレフ効果を生むスリップストリーム設計のツインポートを採用 ◾JBLスタジオモニター伝統のアイコニックな外観JBLスタジオモニターの証し、伝統のブルーバッフルとウォールナット5面リアルウッド仕上げ、さらにフロントグリルはウーファーバッフルのみを覆うことで装着時の中高域の減衰を排除

    ¥158,285

  • 4312G Black JBL

    4312G Black JBL

    70年代初期に登場したModel 4310を祖とし、4311、4312、そして4312A~4312Eへと進化を続けてきたJBLのロングセラー・モニタースピーカーに、最新モデル4312G登場。JBL70周年記念として登場した限定モデル4312SEと、300mm径3ウェイの最新コンシューマ・バージョンL100Classicの技術要素を移植した、新たな次元のコントロール・モニターの誕生です。 ◾300mm径ウーファー:JW300SWK2 S5800のために開発された“1200FE”系ユニットの特徴を受け継ぎながら、最新の解析技術を取り入れより低歪に、より高分解能なサウンドに生まれ変わった専用設計の強力ウーファーユニットを搭載。 ◾125mm径ミッドレンジ・ユニット:JM125PC伝統の3ウェイ・コントロールモニターにおいて、その大きな特徴ともなっている良質なボイスレンジを担うスコーカーとして、更なる低歪とフラットレスポンスを目的に開発された125mm径ポリマーコーティング・ピュアパルプコーン・ミッドレンジユニットを採用。 ◾25mm径ドームツイーター:054AlMg-1新世代モニターに課せられた良好な超高域レスポンスを獲得するために開発されたアルミ-マグネシウム合金ダイアフラムと強力なネオジム・マグネット採用の25mm径ドームツイーター搭載 ◾高品位3ウェイ・ネットワーク優れたレスポンスを誇る最新ユニットの持ち味を最大限に引き出すため、4312SE譲りの高品位素子を用いた3Wayネットワークを内蔵。伝統のHF/UHF連続可変アッテネータも装備しています。 ◾伝統のキャビネットデザイン伝統のディメンションを継承したキャビネットには全面高比重MDF材構造を採用。接合部には数十ヶ所にわたる内部補強を施すことで剛性を高め、強力な新開発ユニットの優れたレスポンスを活かしています。

    ¥242,589

  • 4312G Ghost Edition JBL

    4312G Ghost Edition JBL

    70年代初期に登場したModel 4310を祖とし、4311、4312、そして4312A~4312Eへと進化を続けてきたJBLのロングセラー・モニタースピーカーに、最新モデル4312G登場。JBL70周年記念として登場した限定モデル4312SEと、300mm径3ウェイの最新コンシューマ・バージョンL100Classicの技術要素を移植した、新たな次元のコントロール・モニターの誕生です。 ◾300mm径ウーファー:JW300SWK2 S5800のために開発された“1200FE”系ユニットの特徴を受け継ぎながら、最新の解析技術を取り入れより低歪に、より高分解能なサウンドに生まれ変わった専用設計の強力ウーファーユニットを搭載。 ◾125mm径ミッドレンジ・ユニット:JM125PC伝統の3ウェイ・コントロールモニターにおいて、その大きな特徴ともなっている良質なボイスレンジを担うスコーカーとして、更なる低歪とフラットレスポンスを目的に開発された125mm径ポリマーコーティング・ピュアパルプコーン・ミッドレンジユニットを採用。 ◾25mm径ドームツイーター:054AlMg-1新世代モニターに課せられた良好な超高域レスポンスを獲得するために開発されたアルミ-マグネシウム合金ダイアフラムと強力なネオジム・マグネット採用の25mm径ドームツイーター搭載 ◾高品位3ウェイ・ネットワーク優れたレスポンスを誇る最新ユニットの持ち味を最大限に引き出すため、4312SE譲りの高品位素子を用いた3Wayネットワークを内蔵。伝統のHF/UHF連続可変アッテネータも装備しています。 ◾伝統のキャビネットデザイン伝統のディメンションを継承したキャビネットには全面高比重MDF材構造を採用。接合部には数十ヶ所にわたる内部補強を施すことで剛性を高め、強力な新開発ユニットの優れたレスポンスを活かしています。

    ¥278,400

  • 4329P JBL

    4329P JBL

    JBL 4329P スタジオモニターは、受賞歴のあるJBL 4305P スタジオモニターの上位版で、8インチの大型ドライバー、およそ3倍の大容量かつブレーシングによる振動コントロールも施したキャビネット、そして2倍もの出力を誇るパワフルなアンプ部を搭載し、そのすべてによって更なるダイナミクスと高いパフォーマンスを実現しています。4329Pは、高解像度のストリーミングオーディオとプロ-コンシューマー向け接続機能を備え、一ペアに必要な機能と性能が全て備わったアクティブ・スピーカーシステムです。特許取得済みのJBLアコースティックテクノロジーが、驚異的な精度とパワフルなダイナミクスでサウンドを表現し、豊富な有線・無線接続が音楽愛好家の可能性を広げます。 高感度な特許取得済みのJBLコンプレッションドライバー「2409H」と明瞭な音像音場再生能力を誇る HDI™(High Definition Imaging)ホーン搭載 デジタルクロスオーバーによる各ドライバー個々に最適化されたパワー供給とDSP制御を備えた総合出力600Wの内蔵アンプ ChromecastおよびAirplay2を介した高解像度ワイヤレスストリーミングと便利なBluetooth接続対応

    ¥428,794

  • 4349 JBL

    4349 JBL

    ※試聴購入をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡ください 「JBL 4349」は、1970年代初頭に登場して以来50年にわたり、音楽制作の現場やオーディオファイルのパートナーとして、その時々のニーズに応えたモニターサウンドを奏でてきたJBL『4000シリーズ・スタジオモニター』の最新モデルです。最新技術とマテリアルを搭載することで、多様化する音楽ソースの魅力を余すところなく引き出し、現代のスタジオモニタースピーカーとして最良の音響特性を獲得しています。 高音域用ユニットには、現在のJBLスタジオモニターのフラッグシップモデル「4367」にも搭載されているD2シリーズ・コンプレッションドライバー「D2415K」を搭載。JBL独自のHDI(High Definition Imaging)ホーンと合わせて、高精細な中高音域再生と鮮明な音像イメージを実現します。低音域用ウーファーには、1200FE系ユニットの伝統を継承しながら、さらなる改良を施しダイナミックなレスポンスと超低歪特性を両立した最新のウーファーユニット「JW300PG-8」を搭載。重厚でキレのある低音域再生を果たします。またこれらをJBLスタジオモニター伝統の仕上げが施された高剛性キャビネットにマウント、さらにフレア型ツインポートを用いたフロントバスレフ方式を採用することで高性能ユニットのポテンシャルを最大限に引き出します。 誕生から50周年を迎えたJBLスタジオモニターの伝統と言える象徴的なビジュアルデザインに、フラッグシップモデル4367のパフォーマンスを継承した最新モデル4349で、プレミアムな音楽体験をお楽しみください。 上位モデルと同シリーズのD2コンプレッションドライバー搭載JBLスタジオモニターのフラッグシップモデル「4367」にも搭載のD2シリーズ・コンプレッションドライバー「D2415K」を採用。強力なネオジム・リングマグネットと1.5インチ(38mm)径Teonex®製リングダイアフラムを用いたコンプレッションドライバー2基を向かい合わせに結合し一体化、合成音響エネルギーをリング中央部から放出する独自のテクノロジーを採用しています。 ●2枚のリングダイアフラムによる139dB SPLもの高い音響出力が余裕のあるヘッドルームと共に個々のフラムの振幅を抑え、スムーズな周波数特性と非直線性歪の低減を実現。​ ●デュアル・ボイスコイル構造が高いパワーハンドリングを獲得。さらに、大容量ヒートシンク構造がバックカバーによる放熱効果と合わせて、ハイパワードライブ時のパワーコンプレッションを徹底的に排除。 先進のHDI(High Definition Imaging)ホーン技術を採用4367に搭載された先進のHDI – Xウェイブガイド・ホーン技術と独自の高質量高剛性素材SonoGlassTMを用いた新世代の定指向性ホーンを搭載。​ ●広い周波数帯域にわたって安定した一定の指向性パターンを発揮するHDIウェイブガイド技術がリスニングルームの影響を抑えながら広いリスニングスポットを提供。 最新設計の12インチ(300mm)径ウーファー搭載歴代のミドルサイズ・スタジオモニター搭載の1200FE系ユニットの伝統を継承しながら、さらなる改良を施しダイナミックなレスポンスと超低歪特性を両立した最新の12インチ(300mm)径ウーファー「JW300PG-8」を搭載しています。●同心円上の強化リブを配した新設計ピュアパルプ・ストレートコーンを採用しました。 ●エッジには高い耐久性と柔軟性を併せ持つSBRフォームラバー・ハーフロールエッジを採用。良質な素材と最適化されたエッジ形状が優れたリニアリティと大振幅特性を発揮します。 ●向かい合わせに配置された2枚の大型ダンパーにより、前後振幅時の対称性を高めた1200FEユニット直系の低歪デュアル・ダンパーを採用。 ●軽量なアルミニウム・ワイヤーに導電性の高い銅被膜を被せたCCAW(コッパ―クラッド・アルミワイヤー)によるエッジワイズ巻きボイスコイルを採用。重厚でキレのある低音域再生を実現します。​​ ●大型フェライト・マグネットと伝統のSFG低歪磁気回路を採用しました。 低歪化を実現したプレシジョン・ネットワーク搭載高感度D2ドライバーと高精細なHDIホーンを活かすために新たな手法で低歪化を実現したオリジナルのプレシジョン・ネットワーク「N4349」を採用。 ●回路に直列に挿入されるすべてのコンデンサーに新しいマルチキャップ・テクニックを採用。小容量コンデンサーを複数パラレル接続にて用いることにより、歪の低減と容量精度の向上を実現しました。 ●ESR(静電抵抗)を大幅に低減するとともに、大容量のコンデンサーの持つ外皮伸縮による振動を排除し、エネルギーロスを低減しました。 ●回路上のすべてのコンデンサーに高品位なメタライズド・フィルムキャパシタを採用しました。 ●主要なインダクターに太ゲージ銅線を用いた空芯コイルを採用。 ●JBLスタジオモニターの伝統、HFレベルとUHFレベルの微調整が可能な±0.5dBステップのスイッチ式トリムコントロールを装備しました。 スタジオモニター伝統のキャビネットデザインJBLスタジオモニター伝統の仕上げが施された高剛性キャビネットを採用しました。 ●内部にV字型ブレーシングによる補強を施すことでウーファーによるバックプレッシャーを寄せ付けない高い剛性を確保。 ●底板にはボトムベース・ボードを追加し、補強と共に床面への振動伝達を低減しました。 ●スタジオモニター伝統のフロントバスレフ方式のポートには、キャビネット内外の開口部に大きなフレアを設け、大振幅時における大量の空気の流出入をスムーズにし、ポートチューニングを伴うQの急激な上昇を抑え、自然なバスレフ効果を生むスリップストリーム設計のツインポートを採用。 ●JBLスタジオモニターの証し、伝統のブルーバッフルとウォールナット突板による背面、ベースボードを含む5面リアルウッド仕上げとしました。​ ●濃紺のフロントグリルはウーファーバッフルのみを覆うことで装着時の中高音域の減衰を排除しました。 選べるJBL純正スピーカースタンド​アクセサリーとして、正確なモニタリングを可能とする12インチ(300mm)径スタジオモニター用重量級スチールスタンド「JS-360」と、ロープロファイルのスラントマウント方式によりリビングでも圧迫感の少ないセッティングが可能な「JS-120」の2タイプのJBL純正オリジナルスタンドを利用可能です。

    ¥972,000

  • A100 BT5.0 AIRPULSE

    A100 BT5.0 AIRPULSE

    大ヒットモデルA80をサイズアップ 強力なドライバー・ユニットの搭載でダイナミックな低音再生能力を備えたA100 BT5.0 A80の成功はオーディオシーンの新たなニーズを明確にしました。ハイレゾ音源の再生、スマートフォンとの連携などのファンクションはもちろんですが、多くのユーザーが待っていたのは、質に長けた本格仕様デスクトップ・スピーカーの登場だったのです。設計を担当したフィル・ジョーンズ氏は、絶対性能の確保に必要なアプローチを惜しみなくそして効率的に注ぎ込み、誰もが驚愕したモンスター・デスクトップ・モニターA80を生み出したのです。XMOSコアを搭載したフルデジタル仕様のエレクトロニクスの完成度は大変高いもので、そのポテンシャルはフルスペックの高性能ウーハーを搭載したA100 BT5.0でさらに評価を上げることになるでしょう。A80をひとまわりサイズアップしたA100 BT5.0は、ハイグロス仕上げの高級感あるエンクロージュアで、デスクトップに留まらないオーディオ・システムのニュースタンダードを提示します。A100 BT5.0はHi-Resの公式認証を取得しています。 ◾エアパルス・ブランドについてAIRPULSEは 2004年に設立されたプラチナム・オーディオ・システム・カンパニーが商標を持つブランドです。英国のアコースティック・エナジーを創設者でもあるフィル・ジョーンズがR&Dのトップとしてエンジニアチームを率いています。 ◾フィル・ジョーンズについて1954年イギリス ロンドンで生まれる。1980年ヴァイタボックス・ラウドスピーカーにエンジニアとして参加した後1987年にアコースティック・エナジーを設立。アビーロード・スタジオにも導入された有名なニアフィールド・モニターAE-1で一躍有名になった彼は1990年ボストンアコースティックでリンフィールド・シリーズを手掛け、1994年に自身のブランド プラチナム・オーディオを設立。自らもベーシストとして活躍する氏は、2002年にフィル・ジョーンズ・ベースを設立し、ベースプレーヤー用のハイファイ・アンプを開発するなど精力的な活動を経て、2004年プラチナム・オーディオ・システム・カンパニーに参加しエンジニアとしてエアパルス・ブランドを牽引している。 ◾DIGITAL TO DIGITAL ハイレゾ音源のクオリティを顕わにするフルデジタル構成A100 BT5.0の増幅段はTexas Instrument TAS5754 Class-Dアンプ2個で構成されています。このデバイスは、高入力サンプルレートのサポートと高出力PWMキャリア周波数を組み合わせた数少ないD級アンプの1つです。XMOSで処理された最大192kHzの入力をサポートし、D/A変換なしで実行されるデジタル処理のメリットは高いS/Nと低歪みです。従来のClass-Dアンプ384kHzの2倍にあたる768kHz出力PMWキャリア周波数というスペックは、高感度リボン・トィータの駆動にも適しています。それぞれのTAS5754 Class-Dアンプは、ウーハーとトィータ専用にブリッジモードで接続されています。 ◾マニア垂涎のホーンロード・リボントィータ強力なネオジウム・マグネットでドライブされるアルミニウム・リボン・ダイヤフラムはワイドレンジで高感度、優れた過渡応答と解像度を持っています。綿密に計算されたホーン形状はリスナーに最適な高周波情報を生成し、反射による影響も最小に抑えています。A100 BT5.0なら、オーディオ・ファイルが一度は使ってみたいと思うハイスピードで透明感溢れるリボン・トィータの再現性を、いとも簡単に手に入れることが出来るのです。 ◾A100 BT5.0の肝 フル装備で仕立てられたアルミニウム合金コーンウーハー硬質アルマイト処理を施した12.7mmアルミニウム合金コーンを振動板にしたこのドライバー・ユニットこそA100 BT5.0最大のハイライトです。高磁束を提供するネオジウム・マグネットをエンジンとした強力な磁気回路がこのクラスでは例を見ない35mm径アルミ・ボイスコイルを駆動します。大型ボイスコイルは動作温度が低いためパワーロスが少なく、音楽をリアルにそしてよりダイナミックに表現します。ボイスコイルに巻かれた銅クラッド・アルミリボン線は、高い導電性で効率を高めパワー・ハンドリングを向上させ歪みを低減します。磁気回路までを覆うダイキャスト・マグネシウム合金フレームを採用し、ユニット全体の振動を抑えボイスコイルの放熱を促進しています。 ◾妥協なくデザインされたエンクロージュア厚さ18mm高強度MDFで製作されたエンクロージュア内部には、プロ仕様の波状吸音材が貼り込まれ、外装は高級感あるハイグロス・フィニッシュが施されています。エンクロージュア背面には風切り音を最小限に抑えるためにデザインされた楕円形のバスレフ・ポートが備えられています。 ◾Bluetooth V5.0による高品位再生Bluetoothオーディオレシーバーは、APT-XデコーダーをサポートするQualcomm Bluetooth V5.0チップセットを採用。従来のBluetooth SBCコーデックよりもはるかに優れたオーディオ再生品質を提供します。 ◾トランスペアレント製内部配線ハイエンド・オーディオの世界でその地位を確立しているトランスペアレント製のケーブルを内部配線に採用。その妥協のないオーディオ・マインドは、圧着端子を使わないハンダ直付けに表れています。 ◾セッティングの幅を広げる調整機能A100 BT5.0のリアパネルにはTreble/Bass専用の調整ダイアルが備えられています。それぞれ±3dBの範囲で調整が可能です。様々な設置条件にモニターをアジャストさせる必要不可欠な機能です。

    ¥100,611

  • A300 Pro AIRPULSE

    A300 Pro AIRPULSE

    目の覚めるような強烈なインパクトを持ったフラッグシップ・モデルA300 ProはAIRPULSEアクティブ・スピーカー・シリーズのフラッグシップ・モデルです。高効率低リップル電源とアンプはそれぞれのスピーカーに収められ、ホーンロード・リボントィータとアルミニウム・コーンウーハーを強力にドライブします。設計を担当したフィル・ジョーンズ氏はスタジオ・モニター製作で培った多くの経験を注ぎ込み、A300 Proをプロの現場でも通用するアクティブ・スピーカーに仕立て上げました。そこにある全ての音がマスキングされることなく聴こえてくる。それはハイレゾ音源にある膨大な情報を肌で感じることで、より一層音楽に近づけることを意味しています。久々に聴くような屈託なくパンと飛んでくる音がA300 Proアクティブ・スピーカーの持ち味です。それはモニター・スピーカーならではの整った位相の中でリスナーにとっては心地良い挑発と受け入れられるはずです。2本のスピーカーはKleernetのワイヤレス・トランスミッション・テクノロジーにより、ケーブルレスで自由度の高いレイアウトが可能です。 ◾エアパルス・ブランドについてAIRPULSEは 2004年に設立されたプラチナム・オーディオ・システム・カンパニーが商標を持つブランドです。英国のアコースティック・エナジーを創設者でもあるフィル・ジョーンズがR&Dのトップとしてエンジニアチームを率いています。 ◾フィル・ジョーンズについて1954年イギリス ロンドンで生まれる。1980年ヴァイタボックス・ラウドスピーカーにエンジニアとして参加した後1987年にアコースティック・エナジーを設立。アビーロード・スタジオにも導入された有名なニアフィールド・モニターAE-1で一躍有名になった彼は1990年ボストンアコースティックでリンフィールド・シリーズを手掛け、1994年に自身のブランド プラチナム・オーディオを設立。自らもベーシストとして活躍する氏は、2002年にフィル・ジョーンズ・ベースを設立し、ベースプレーヤー用のハイファイ・アンプを開発するなど精力的な活動を経て、2004年プラチナム・オーディオ・システム・カンパニーに参加しエンジニアとしてエアパルス・ブランドを牽引している。 ◾贅を尽くした高性能フルデジタル・アンプL/Rそれぞれのスピーカーには高効率低リップル電源とTexas Instrument TPA 3251デジタル・パワーアンプが搭載され、120Wのウーハー出力と10Wのトィータ出力を得ています。デジタル・インターフェースはXMOSのXcore-200マルチコア・プロセッサーとTexas InstrumentのDSPチップTLV320AIC3268で構成されています。 ◾クオリティとイージー・セッティングを両立するワイヤレス・スピーカー接続左右のスピーカーは、KleerNetワイヤレス・オーディオ・テクノロジーによる非圧縮デジタル伝送で接続されます。信号は5.2MHzの帯域でロスレス・トランスミッションを保証しています。 ◾ホーンロード・リボントィータ このシリーズのために投じた最大の投資がこのリボン・トィータです。全てのエアパルスのアクティブ・スピーカーがこの特別で贅沢なドライバー・ユニットのおかげで圧倒的なアドヴァンテージを得ることになったのです。強力なネオジウム・マグネットでドライブされるアルミニウム・リボン・ダイヤフラムはワイドレンジで高感度、優れた過渡応答と解像度を持っています。綿密に計算されたホーン形状はリスナーに最適な高周波情報を生成し、反射による影響も最小に抑えています。ハイスピードで透明感豊かな再現性は、ハイレゾ音源においてさらにその魅力を確かなものとするでしょう。 ◾6.5cm低歪みアルミニウム・コーンウーハー 強力な磁気回路でコントロールされる50mm径のアンダーハング型ボイスコイル(磁気ギャップの幅よりボイスコイルの幅が短い)は、硬質アルマイト処理アルミニウム合金コーン振動板を高いリニアリティで正確に駆動します。さらに緻密に計算された放熱メカニズムを兼ね備え、安定した振幅動作と低歪みを約束しています。高剛性鍛造マグネシウム合金フレームの採用により大きなエネルギーに対しても十分な剛性を持って対応します。ボイスコイルに巻かれる銅線断面は通常の丸型のものより効率が良く低歪みなエッジワインド銅が採用されています。 ◾性豊かなエンクロージュアA 300 PROのエンクロージュアは、厚さ25mmの高強度MDFで製作されています。内部には定在波吸収のために36mm厚のプロ用吸音素材が施されています。エンクロージュア背面には風切り音を最小限に抑えるためにデザインされた楕円形のバスレフ・ポートが備えられています。 ◾AptX HDによるBluetooth V5.0と最新USBデジタル・オーディオ・インターフェイスBluetoothオーディオレシーバーは、Qualcomm QCC3031が採用されています。これはAptX HDハイファイ・コーデックによるBluetooth V5.0チップセットです。従来のBluetooth SBCコーデックよりもはるかに優れたオーディオ再生品質を提供します。A300 Proは、UAC2デジタル・オーディオアプリケーションをサポートするUSBデジタル・オーディオ・インターフェイスを備えています。ASIOオーディオ・ドライブは、Windowsユーザーが高性能な低遅延信号処理を手にすることを可能にしています。 ◾トランスペアレント製内部配線ハイエンド・オーディオの世界でその地位を確立しているトランスペアレント製のケーブルを内部配線に採用。その妥協のないオーディオ・マインドは、圧着端子を使わないハンダ直付けに表れています。 ◾様々な調整を可能にするリモートコントロールとディスプレイボリューム、インプット・セレクトに加えてトレブル/バス調整もリモコンで操作可能。その状況はRchスピーカーのフロント下にあるディスプレイで数値確認することが出来ます。

    ¥252,000

  • A35.2  PRIMARE

    A35.2 PRIMARE

    A35.2は型番こそ前作A34.2の後継機という位置づけですが、サウンドクオリティは2つの画期的な技術によって圧倒的に引き上げられています。ブリッジモードへ切り替える事で800W(8Ω)を叩き出すモンスターアンプとしても使用可能です。PFC電源回路は最新のAPFCに進化し、超高速パワーデバイスであるオリジナルUFPD回路も第2世代にアップデート。この2つのオリジナル技術によって、Class Dアンプのみ可能となる回路基板とヒートシンクの直結、最短回路設計の実現、パワーアンプデバイスとスピーカーターミナルのダイレクト接続といったメリットを最大限活かしながら、音の厚みなどで不利とされてきたマイナスイメージを完全に払拭する圧倒的なサウンドを実現しています。ハイスピードかつハイパワー、クリーンでありながら、暖かみも感じるA35.2のパフォーマンスは過去のどのClass Dアンプも実現できなかった領域へ入ったと感じさせます。PRE35と組み合わせれば、シンプルで美しい世界最高峰のセパレートアンプの完成です。サウンドから考えると破格と思えるプライスは、ステレオアンプとモノラル(ブリッジ)アンプ、どちらで使用しても価格が高騰しすぎたオーディオ界に一石を投じる事となるに違いありません。AMPLIFIER SECTION “ UFPD 2 (Ultra Fast Power Device 2) ”フルレンジでフィードバックを可能とする画期的な技術であるこの回路は、過電流やクリッピングなどアンプに起きているあらゆる現象を正確に把握し、NFB量を調整する事で安定的にアンプをコントロール。バージョン2ではさらに改良され周波数レスポンスに全く影響されないフィードバック・ループを実現しました。POWER SUPPLY SECTION “ APFC (Active Power-Factor Control)“APFCは電源電流の波形を電圧と同相・同一波形の正確なサイン波へと変換するオリジナル電源回路技術であり、高調波や電磁波妨害を低減すると共に総電流リップルをも減少。電気的な干渉が改善され、回路内のストレスを劇的に減少させる事に成功しました。

    ¥461,700

  • A80 AIRPULSE

    A80 AIRPULSE

    A80はXMOSコアを搭載する最新のハイレゾ対応アクティブ・スピーカーです。設計はアビーロード・スタジオに導入されたAE-1で有名なフィル・ジョーンズ氏によるもので、プロ用ニアフィールド・モニターの製作で培ったノウハウが随所に反映されています。様々なソースに対応する豊富な入力と、ホーンロード・リボントィータ、アルミ振動版ウーハーの採用など、そのリーズナブルなプライス・タグから信じ難い仕様を持つこのアクティブ・スピーカーは、シンプルなシステムで最新メディアのクオリティを体験出来る注目のアイテムになるでしょう。A80はHi-Resの公式認証を取得しています。 ◾これからのハイレゾ再生を見据えた高性能フルデジタル・アンプA80の増幅段はTexas Instrument TAS5754 Class-Dアンプ2個で構成されています。このデバイスは、高入力サンプルレートのサポートと高出力PWMキャリア周波数を組み合わせた数少ないD級アンプの1つです。最大192kHzの入力をサポートし信号のサンプルレートを変更せずに実行されるデジタル処理のメリットは高いS/Nと低歪みです。従来のClass-Dアンプ384kHzの2倍にあたる768kHz出力PMWキャリア周波数というスペックは、高感度リボン・トィータの駆動にも適しています。それぞれのTAS5754 Class-Dアンプは、ウーハーとトィータ専用にブリッジモードで接続されています。 ◾ホーンロード・リボントィータ強力なネオジウム・マグネットでドライブされるアルミニウム・リボン・ダイヤフラムはワイドレンジで高感度、優れた過渡応答と解像度を持っています。綿密に計算されたホーン形状はリスナーに最適な高周波情報を生成し、反射による影響も最小に抑えています。ハイスピードで透明感豊かな再現性は、リボン・トィータでしか味わえない独特のサウンド・フィーリングが存在します。 ◾アルミニウム合金コーンウーハー硬質アルマイト処理アルミニウム合金コーン振動版と、軽量化されたアルミ製ボイスコイルとの組み合わせによる可動部は、高剛性鍛造マグネシウム合金フレームに取り付けられ強力なネオジウム磁気回路によって直線性と過渡応答に優れたドライブ・モーションを生み出しています。長年スタジオ・モニターを手掛けた経験から、連続するハイパワー・ドライブでも損傷なくそしてパフォーマンスを落とさない高いパワー・ハンドリング性能を維持するために、放熱に効果的な大型のボイスコイルを採用しコイルの電力損失を防いでいます。またボイスコイルに巻かれる銅線断面は通常の丸型のものより効率が良く低歪みなエッジワインド銅が採用されています。 ◾剛性豊かなエンクロージュア手で触れるだけでこのコンパクトなスピーカーがいかに頑丈に作られているか感じることが出来ます。厚さ18mm高強度MDFで製作されるエンクロージュアは、そのサイズゆえ更にその剛性を高めています。エンクロージュア背面には風切り音を最小限に抑えるためにデザインされた楕円形のバスレフ・ポートが備えられています。 ◾Bluetooth V5.0による高品位再生Bluetoothオーディオレシーバーは、APT-XデコーダーをサポートするQualcomm Bluetooth V5.0チップセットを採用。従来のBluetooth SBCコーデックよりもはるかに優れたオーディオ再生品質を提供します。 ◾トランスペアレント製内部配線ハイエンド・オーディオの世界でその地位を確立しているトランスペアレント製のケーブルを内部配線に採用。その妥協のないオーディオ・マインドは、圧着端子を使わないハンダ直付けに表れています。 ◾セッティングの幅を広げる調整機能A80のリアパネルにはTreble/Bass専用の調整ダイアルが備えられています。それぞれ±3dBの範囲で調整が可能です。様々な設置条件にモニターをアジャストさせる必要不可欠な機能です。

    ¥73,673

  • AI-303 TEAC

    AI-303 TEAC

    小型アンプにBluetooth®とUSB 入力を搭載しHD音源(ハイレゾ)再生にも対応したデスクトップオーディオ・アンプ横幅わずか215mmでテレビやノートPCの高音質再生にも最適 HDMIケーブル1本でテレビと接続テレビとAI-303の接続はHDMIケーブルのみ。あとはお好みのスピーカーと組み合わせることで、テレビの音を簡単にグレードアップすることができます。ARC/eARCとHDMI CECに対応しているので、テレビ側のリモコンでAI-303の音量やオン/オフをコントロールも可能です。サイズが小さいので、テレビ周りの置き場所にも困りません。テレビ側が対応していれば、最大192kHz/24bitのハイレゾクオリティの再生も可能です。※テレビ側の出力設定でデジタル出力を「PCM」に設定してください。 HDMI、USB-C、OPTICAL、COAXIALといった多彩なデジタル入力を装備HDMIでテレビ、USBでPC、OPTICAL/COAXIALでお手持ちのCDプレーヤーと、様々な機器との間でデジタル接続が可能で、高性能DACがそれぞれのソースのパフォーマンスを最大限に引き出します。 11.2MHz DSDネイティブ再生や384kHz/32bitのハイレゾ(HD)音源に対応CDを超えるスタジオマスタークオリティのハイレゾ音源を余すところなく、本来の音質でお楽しみ頂けます。DACの動作モードには、2種類のデジタルフィルターと、x2Fs、x4Fs、x8Fsのアップコンバート機能を搭載しておりお好みの音質を追求して頂けます。 LDAC®、Qualcomm® aptX™ HDなど高音質転送に対応したBluetooth®レシーバー機能スマホから簡単にワイヤレスで再生できるBluetooth®レシーバー機能は、LDACをはじめLHDC、Qualcomm® aptX™ HDなどハイレゾワイヤレスコーデックに対応。スマホやタブレットからもBluetooth®で高音質な再生が可能です。そのほか、Qualcomm® aptX™、AAC、SBCなど標準的なBluetooth®コーデックにも対応しています。また、どのコーデックで接続されているかをLEDの点灯で確認することも可能となりました。 USB DACの入力としてUSB-C端子を採用したことでPCだけでなくスマートホンやタブレットとの接続も容易にPCと接続して高音質USB DACとしての使用のほか、スマートホンやタブレット、DAPなどUSB Audio Class 2.0に対応した幅広いデバイスと接続して、USB DACとして使用することができます。AI-303はセルフパワーのUSB C端子を備えており、C端子同士の接続であれば、ホストとデバイスを自動で判別してUSB Audio Class2.0のオーディオデバイスとして使用することができます。ほとんどのAndroid端末やUSB C端子を装備した最近のiPad AirやiPad Proではそのまま接続が可能です。※iPhone接続時には別途USBカメラアダプタが必要です。※Micro USB-B端子を装備したスマートホンの場合はUSB OTGケーブルが必要です。※Android端末と接続する場合は、機種によって「OTG接続」をオンにする,開発者オプションより「USBデバグ」をオンにするなどの操作が必要な場合があります。それ以外の設定方法についてはスマートホンの機種依存となるため、サポート対象外とさせていただきます。 2系統のRCAステレオライン入力端子を装備し外部ソースにも対応可能RCAピンジャックのアナログ入力を2系統搭載していますので、今まで使用していたオーディオ機器やレコードプレーヤーなども接続できます。※レコードプレーヤーにフォノイコライザーが内蔵されている必要があります。 高い解像度と豊かな音楽性を再現するHypex社製Ncore®アンプモジュールを採用パワーアンプモジュールには、高効率でハイパワーでありながら、クリアで高い解像度と豊かな音楽性を両立させたHypex社のNcore®アンプモジュールを採用。上位モデルに搭載されているアンプと同じテクノロジーを横幅わずか215㎜のコンパクトな機体に納めました。 ヘッドホン出力には4極ジャックを採用し、グランドセパレート接続の高出力ヘッドホンアンプを搭載アンプ部から4極タイプのジャック部までLchとRchのグランドを分離した回路設計としました。左右chのグランドをアンプ部から分離することにより、チャンネルセパレーションを大幅に向上させ、クリアで見通しの良いサウンドステージを実現します。※ L/Rグランドセパレート駆動を行う場合、4極プラグのイヤホン、ヘッドホンをお使いください。※3極プラグのイヤホン、ヘッドホンもそのまま使用することができます。4極ジャックピンアサイン:Tip(L+), Ring(R+), Ring(L-), Sleeve(R-) コンデンサーによる音の色付けを排除するCoupling Capacitor Less Circuitによるヘッドホン出力ヘッドホンアンプには、Coupling Capacitor Less Circuit(CCLC)方式を採用しました。一般的なヘッドホン出力回路ではコンデンサーによる出力段のカップリング(直流成分の除去)を行うため、コンデンサーによる音の変化や位相遅れ、低域のレベル低下など、音への影響が避けられませんでしたが、CCLC方式ではコンデンサーに起因するこれらの音への悪影響を排除し、十分な低域とレスポンスの良い高次元のヘッドホンリスニング環境を提供します。 ヘッドホンリスニング時に、より自然な再生が可能なクロスフィード機能ヘッドホンリスニング時にクロスフィード機能を使用することで、スピーカー再生時のような自然な定位感を得ることができます。また、スピーカーリスニング時には、センター定位を強調することで、中抜けの改善やボーカル、ナレーション、セリフを明瞭にする効果があります。クロスフィードの効果は、専用ノブで調整することができます。 MQAフルデコーダーを搭載。外部CDプレーヤーで再生したMQA CDのデコードが可能USB、HDMI、 光デジタル、同軸デジタル端子のどの入力からでもMQA音源のフルデコードが可能です。MQAによる音楽配信やファイル再生だけでなく、お手持ちのCDプレーヤーにデジタル出力があれば、MQACDも、スタジオマスタークオリティのMQAサウンドでお楽しみ頂けます。 専用SoCによる多彩なDACモードAI-303はデジタル処理のために専用のSoCを搭載していて、MQAデコードを含む様々なデジタル処理をこのSoC内で行います。スタジオマスタークオリティの音質のために、アナログ変換時に必須のデジタルフィルターもあえてDACチップ内のものは使わずにSoC内で処理しています。音色の要とも言えるデジタルフィルターは、ショートディレイ・スローロールオフ特性のFIRフィルターに加え、フルエンシー理論による類推補完技術をベースとして自然な音色と音場の再現性があるRDOTフィルターを用意。アップコンバートとの組み合わせで、それぞれのフィルターが持つ微妙な音のニュアンスの違いをお楽しみいただけます。また、アップコンバーターをオフの状態でRDOTフィルターを選択すると、NOS(Non Over Sampling)DACとして動作します。NOSモードではインパルス応答によるプリエコーやポストエコーの発生を抑え時間軸方向の揺らぎを排除することで、入力波形に忠実なアナログ変換を可能にしました。 抵抗ラダー型アッテネーターによる高精度・高音質アナログボリュームを搭載フロントのボリュームノブには直接音楽信号を通さず、ノブの値を読み取り、基板上の抵抗ラダー型アッテネーターでその値を再現する方式により、最短経路で音楽信号をアンプに伝送し、信号のピュアリティを損ないません。また、音量を減衰させた時も低歪、高いS/Nを実現しており、小音量時においても音源本来の持つクリアな音を損なうことなく音楽をお楽しみ頂けます。また、左右のレベル差(ギャングエラー)やチャンネル間のクロストークも最低限に抑えられています。 アシンクロナスモードに対応によりUSB伝送ジッターを排除USB DACとして使用する際は、入力信号のタイミングをコントロールするクロックをAI-303の内蔵クロックによって制御するアシンクロナスモード(非同期モード)で動作します。USB伝送ジッターの影響を受けないため、よりピュアな状態でデジタルオーディオ信号転送が可能です。 4種類の転送モードによる音質の変化を楽しめるUSB伝送技術「Bulk Pet」対応USBケーブルでハイレゾ音源の膨大なデジタルデータを送る場合、従来の転送では送信側のパソコンと受信側のUSB DACの双方に処理負荷の大きなムラが発生し、音途切れなどの問題が発生する可能性がありましたが、「Bulk Pet」は、一定のデータ量をコンスタントに転送するため、双方の処理にかかる負荷を平均化し安定したデータ転送を実現します。パソコンの負荷状態が変わることで音質も変化するため、あらかじめ設定された4種類の転送モードからお好みの音質を選んで使用できます。 3点支持、Stressless Footを採用床面のわずかな歪みにも影響されることなく安定した設置を可能にする、オリジナル3点支持フット「Stressless Foot」を採用。従来型とは異なり、フットをシャーシに固定せず半固定状態にして自由に振動させることで、より自然な音の響きを得る、というコンセプトに基づいて開発されました。削り出しのスチール製のフットは、しっかり固定されることなく底面にぶら下がる状態で装着されており、従来型のピンポイントスパイクフットのような定位感がありながら、より自然で豊かな響きを実現しています。 Bluetooth®マルチポイント接続により2台のデバイスを切り替えて使用可能Bluetooth®接続時、同時に2台のデバイスを接続することができるので、例えば2台のスマホから曲を再生する場合でもBluetooth®の切断、再接続を意識することなく再生するスマホを切り替えながら再生することが可能です。※同時再生はできません。 サブウーハー出力を装備将来的なシステムの拡張性を考慮してサブウーハー出力を装備しています。 制振性と高級感を両立するフルメタル筐体筐体のすべてを外来ノイズに強い金属パネルで構成することで、パソコンなどから発せされる電磁ノイズの侵入を抑制。オーディオ機器にとって厳しい環境下でもノイズの少ないクリーンな内部環境を実現しました。さらに、金属製シャーシを両サイドから包み込む8mm厚のアルミパネルにより、ねじれや歪みを防いで強固で安定した筐体を実現しました。

    ¥59,372

  • AI-303 TEAC [RB品 美品]

    AI-303 TEAC [RB品 美品]

    【レンタルバック特価品】本商品はレンタル返却されたレンタルバック品です。利用日数が少なく新品同様に近い美品です。お安くレンタル・購入をご希望される方は本商品をご検討ください。※レンタル利用に伴い、梱包箱には傷汚れや剥がれ等がある場合がございます※写真をご希望の場合はお問い合わせよりご連絡ください※RB品は在庫のみ販売でお取り寄せ販売はございません、ご承知おきください保証期間:6ヶ月間(保証範囲や保証内容はメーカー保証に準じます)--- 小型アンプにBluetooth®とUSB 入力を搭載しHD音源(ハイレゾ)再生にも対応したデスクトップオーディオ・アンプ横幅わずか215mmでテレビやノートPCの高音質再生にも最適 HDMIケーブル1本でテレビと接続テレビとAI-303の接続はHDMIケーブルのみ。あとはお好みのスピーカーと組み合わせることで、テレビの音を簡単にグレードアップすることができます。ARC/eARCとHDMI CECに対応しているので、テレビ側のリモコンでAI-303の音量やオン/オフをコントロールも可能です。サイズが小さいので、テレビ周りの置き場所にも困りません。テレビ側が対応していれば、最大192kHz/24bitのハイレゾクオリティの再生も可能です。※テレビ側の出力設定でデジタル出力を「PCM」に設定してください。 HDMI、USB-C、OPTICAL、COAXIALといった多彩なデジタル入力を装備HDMIでテレビ、USBでPC、OPTICAL/COAXIALでお手持ちのCDプレーヤーと、様々な機器との間でデジタル接続が可能で、高性能DACがそれぞれのソースのパフォーマンスを最大限に引き出します。 11.2MHz DSDネイティブ再生や384kHz/32bitのハイレゾ(HD)音源に対応CDを超えるスタジオマスタークオリティのハイレゾ音源を余すところなく、本来の音質でお楽しみ頂けます。DACの動作モードには、2種類のデジタルフィルターと、x2Fs、x4Fs、x8Fsのアップコンバート機能を搭載しておりお好みの音質を追求して頂けます。 LDAC®、Qualcomm® aptX™ HDなど高音質転送に対応したBluetooth®レシーバー機能スマホから簡単にワイヤレスで再生できるBluetooth®レシーバー機能は、LDACをはじめLHDC、Qualcomm® aptX™ HDなどハイレゾワイヤレスコーデックに対応。スマホやタブレットからもBluetooth®で高音質な再生が可能です。そのほか、Qualcomm® aptX™、AAC、SBCなど標準的なBluetooth®コーデックにも対応しています。また、どのコーデックで接続されているかをLEDの点灯で確認することも可能となりました。 USB DACの入力としてUSB-C端子を採用したことでPCだけでなくスマートホンやタブレットとの接続も容易にPCと接続して高音質USB DACとしての使用のほか、スマートホンやタブレット、DAPなどUSB Audio Class 2.0に対応した幅広いデバイスと接続して、USB DACとして使用することができます。AI-303はセルフパワーのUSB C端子を備えており、C端子同士の接続であれば、ホストとデバイスを自動で判別してUSB Audio Class2.0のオーディオデバイスとして使用することができます。ほとんどのAndroid端末やUSB C端子を装備した最近のiPad AirやiPad Proではそのまま接続が可能です。※iPhone接続時には別途USBカメラアダプタが必要です。※Micro USB-B端子を装備したスマートホンの場合はUSB OTGケーブルが必要です。※Android端末と接続する場合は、機種によって「OTG接続」をオンにする,開発者オプションより「USBデバグ」をオンにするなどの操作が必要な場合があります。それ以外の設定方法についてはスマートホンの機種依存となるため、サポート対象外とさせていただきます。 2系統のRCAステレオライン入力端子を装備し外部ソースにも対応可能RCAピンジャックのアナログ入力を2系統搭載していますので、今まで使用していたオーディオ機器やレコードプレーヤーなども接続できます。※レコードプレーヤーにフォノイコライザーが内蔵されている必要があります。 高い解像度と豊かな音楽性を再現するHypex社製Ncore®アンプモジュールを採用パワーアンプモジュールには、高効率でハイパワーでありながら、クリアで高い解像度と豊かな音楽性を両立させたHypex社のNcore®アンプモジュールを採用。上位モデルに搭載されているアンプと同じテクノロジーを横幅わずか215㎜のコンパクトな機体に納めました。 ヘッドホン出力には4極ジャックを採用し、グランドセパレート接続の高出力ヘッドホンアンプを搭載アンプ部から4極タイプのジャック部までLchとRchのグランドを分離した回路設計としました。左右chのグランドをアンプ部から分離することにより、チャンネルセパレーションを大幅に向上させ、クリアで見通しの良いサウンドステージを実現します。※ L/Rグランドセパレート駆動を行う場合、4極プラグのイヤホン、ヘッドホンをお使いください。※3極プラグのイヤホン、ヘッドホンもそのまま使用することができます。4極ジャックピンアサイン:Tip(L+), Ring(R+), Ring(L-), Sleeve(R-) コンデンサーによる音の色付けを排除するCoupling Capacitor Less Circuitによるヘッドホン出力ヘッドホンアンプには、Coupling Capacitor Less Circuit(CCLC)方式を採用しました。一般的なヘッドホン出力回路ではコンデンサーによる出力段のカップリング(直流成分の除去)を行うため、コンデンサーによる音の変化や位相遅れ、低域のレベル低下など、音への影響が避けられませんでしたが、CCLC方式ではコンデンサーに起因するこれらの音への悪影響を排除し、十分な低域とレスポンスの良い高次元のヘッドホンリスニング環境を提供します。 ヘッドホンリスニング時に、より自然な再生が可能なクロスフィード機能ヘッドホンリスニング時にクロスフィード機能を使用することで、スピーカー再生時のような自然な定位感を得ることができます。また、スピーカーリスニング時には、センター定位を強調することで、中抜けの改善やボーカル、ナレーション、セリフを明瞭にする効果があります。クロスフィードの効果は、専用ノブで調整することができます。 MQAフルデコーダーを搭載。外部CDプレーヤーで再生したMQA CDのデコードが可能USB、HDMI、 光デジタル、同軸デジタル端子のどの入力からでもMQA音源のフルデコードが可能です。MQAによる音楽配信やファイル再生だけでなく、お手持ちのCDプレーヤーにデジタル出力があれば、MQACDも、スタジオマスタークオリティのMQAサウンドでお楽しみ頂けます。 専用SoCによる多彩なDACモードAI-303はデジタル処理のために専用のSoCを搭載していて、MQAデコードを含む様々なデジタル処理をこのSoC内で行います。スタジオマスタークオリティの音質のために、アナログ変換時に必須のデジタルフィルターもあえてDACチップ内のものは使わずにSoC内で処理しています。音色の要とも言えるデジタルフィルターは、ショートディレイ・スローロールオフ特性のFIRフィルターに加え、フルエンシー理論による類推補完技術をベースとして自然な音色と音場の再現性があるRDOTフィルターを用意。アップコンバートとの組み合わせで、それぞれのフィルターが持つ微妙な音のニュアンスの違いをお楽しみいただけます。また、アップコンバーターをオフの状態でRDOTフィルターを選択すると、NOS(Non Over Sampling)DACとして動作します。NOSモードではインパルス応答によるプリエコーやポストエコーの発生を抑え時間軸方向の揺らぎを排除することで、入力波形に忠実なアナログ変換を可能にしました。 抵抗ラダー型アッテネーターによる高精度・高音質アナログボリュームを搭載フロントのボリュームノブには直接音楽信号を通さず、ノブの値を読み取り、基板上の抵抗ラダー型アッテネーターでその値を再現する方式により、最短経路で音楽信号をアンプに伝送し、信号のピュアリティを損ないません。また、音量を減衰させた時も低歪、高いS/Nを実現しており、小音量時においても音源本来の持つクリアな音を損なうことなく音楽をお楽しみ頂けます。また、左右のレベル差(ギャングエラー)やチャンネル間のクロストークも最低限に抑えられています。 アシンクロナスモードに対応によりUSB伝送ジッターを排除USB DACとして使用する際は、入力信号のタイミングをコントロールするクロックをAI-303の内蔵クロックによって制御するアシンクロナスモード(非同期モード)で動作します。USB伝送ジッターの影響を受けないため、よりピュアな状態でデジタルオーディオ信号転送が可能です。 4種類の転送モードによる音質の変化を楽しめるUSB伝送技術「Bulk Pet」対応USBケーブルでハイレゾ音源の膨大なデジタルデータを送る場合、従来の転送では送信側のパソコンと受信側のUSB DACの双方に処理負荷の大きなムラが発生し、音途切れなどの問題が発生する可能性がありましたが、「Bulk Pet」は、一定のデータ量をコンスタントに転送するため、双方の処理にかかる負荷を平均化し安定したデータ転送を実現します。パソコンの負荷状態が変わることで音質も変化するため、あらかじめ設定された4種類の転送モードからお好みの音質を選んで使用できます。 3点支持、Stressless Footを採用床面のわずかな歪みにも影響されることなく安定した設置を可能にする、オリジナル3点支持フット「Stressless Foot」を採用。従来型とは異なり、フットをシャーシに固定せず半固定状態にして自由に振動させることで、より自然な音の響きを得る、というコンセプトに基づいて開発されました。削り出しのスチール製のフットは、しっかり固定されることなく底面にぶら下がる状態で装着されており、従来型のピンポイントスパイクフットのような定位感がありながら、より自然で豊かな響きを実現しています。 Bluetooth®マルチポイント接続により2台のデバイスを切り替えて使用可能Bluetooth®接続時、同時に2台のデバイスを接続することができるので、例えば2台のスマホから曲を再生する場合でもBluetooth®の切断、再接続を意識することなく再生するスマホを切り替えながら再生することが可能です。※同時再生はできません。 サブウーハー出力を装備将来的なシステムの拡張性を考慮してサブウーハー出力を装備しています。 制振性と高級感を両立するフルメタル筐体筐体のすべてを外来ノイズに強い金属パネルで構成することで、パソコンなどから発せされる電磁ノイズの侵入を抑制。オーディオ機器にとって厳しい環境下でもノイズの少ないクリーンな内部環境を実現しました。さらに、金属製シャーシを両サイドから包み込む8mm厚のアルミパネルにより、ねじれや歪みを防いで強固で安定した筐体を実現しました。

    ¥50,891

© 2024 Onsite Audio, Inc, all rights reserved

      ログイン

      パスワードを忘れましたか?

      まだアカウントを持っていませんか?
      アカウントを作成する